セルライトとは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルライトとは

近ごろテレビなどでよく耳にするようになった言葉にセルライトというものがあります。

ではセルライトとはいったいどういうものなのでしょうか。簡単に言うとセルライトとは「脂肪のかたまり」という意味です。血行が悪くなることによって、皮膚の下んぼ脂肪細胞の新陳代謝が衰えてきます。そうすると脂肪細胞が肥大化してしまいます。この脂肪細胞が老廃物と絡み合っていきます。それがセルライトに変化してしまうのです。

セルライトができると脂肪部分に厚みができて肌の表面がデコボコになります。肌の表面がオレンジの皮のように見えるほど悪化することがあります。「オレンジピールスキン」と呼ばれるものです。しかしこのように肌の表面がデコボコしてくるのは、セルライトの症状が悪化している段階です。一見何もないように見えて、実はセルライトが生成されていることがありますので注意が必要です。

セルライトの解消は通常のダイエットではできませんので、きちんとした除去の対策が必要になります。身体の中でもとくに皮下脂肪の多い太ももやふくらはぎ、お尻などの部分にできやすいのが特徴です。

セルライトは女性に多く見られ、8割の女性はセルライトがあるといわれています。また最近ではお腹の部分や顔にできるセルライトもあることがわかってきました。運動不足になりがちな成人女性にセルライトは多くみられます。何故なら血行が悪くなると発生しやすいからです。運動不足にならないように心がけるようにしましょう。
関連記事
リートとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。