セルライトの原因

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルライトの原因

セルライトの原因は様々ですが、「運動不足」「加齢」「むくみ」「冷え性」などがあげられます。

身体の血行が悪くなること。これがセルライト生成の一番の原因です。その血行が悪くなってしまう原因が日頃の運動不足や加齢だといわれます。身体の「むくみ」や「冷え」も血行が悪くなることにつながってしまうことがあります。

セルライトは太ももやお尻などの下半身にできやすいといわれています。それは下半身の血行が悪いからなのです。またセルライトができる原因は脂肪細胞も大きく関わってきます。脂肪細胞とは体内での脂肪の合成や分解、蓄積を行う細胞です。脂肪細胞の脂肪蓄積量が増加すると体脂肪率が上がっていきます。それが肥満の原因です。

他の細胞と違って、脂肪細胞はいったん数が増えてしまうと、ほとんどなくなったり減ったりするとはないのが特徴です。体重を減らして見た目は痩せても、体内は脂肪細胞が減らないということなのです。ということはセルライト除去の必要性はずっと続くことになるのです。

また脂肪細胞は若いうちだけではなく、一定の年齢を過ぎても増殖することがわかっていますので、運動不足になりやすい大人の女性にセルライトができやすくなるというのもうなずけます。以上のような原因をふまえてセルライト解消の対策をしていく必要があるのではないでしょうか。
関連記事
リートとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。